« marantz SA8001 | トップページ | ALESSANDRO MUSIC SERIES TWO »

2009年4月13日 (月)

夢路 / Suara

せっかくSACDプレーヤー買って、SACDソフトが1枚もないのでは寂しいので、とりあえず買ってみました。
Suara嬢のセカンドアルバム「夢路」(夢想歌を聴きたかったので)。

透明感を感じる、とても綺麗な音です。不自然に強調された部分もなく、音が自然にすーっと耳に入ってきます。
Suara嬢の歌声が穏やかな曲調に非常によく合っていて、聴いていて心地よいです。
彼女の声は・・・なんというのだろう・・・すごく・・・和風な感じがするんですよね。
って、ワケわかりませんねw。妙な感想ですいません(;´▽`A``

以下、収録曲。★印は個人的に特に気に入った曲です。

 1.★君だけの旅路
 2.永久に
 3.アオイロの空
 4.★He is here ~私の神様~
 5.君のかわり
 6.★夢想歌
 7.brand new days
 8.時の河
 9.lesson
10.あなたの笑顔
11.旅立つ人へ
12.★キミガタメ
13.★MOON PHASE

4曲目「He is here」は空気みたいに軽くて、ふんわりした感じが好き。6曲目「夢想歌」はご存じ「うたわれるもの」のOPテーマですね。
正直、それほど強く印象に残る曲はないのですけど、聴き易さ・心地よさに惹かれて、時折強烈に聴きたくなるCDです。

このアルバムはハイブリッド盤ではないので、SACDとCDの違いを確認することが出来ないのが残念。
まぁ、違いなんて絶対に分からないでしょうけどw。

ちなみに私は「SACDだから音がいい」なんて無条件に信じているわけではありません。
そもそも20KHz以上の音は人間には聴こえませんし(私には15KHzくらいが限界らしい)、そこにある「人類の聴覚を超えた音」が、「聴こえなくても音楽の空気感に影響する」などというのは、もはやある種のオカルト話だと思ってます。

だから、SACDがCDよりも音質が優れている、というのも無いと思います。
でも、SACDとして出すということで、録音の品質にも気を配るようになり、結果的に音質がよいものが出来る、というのはあると思います。現時点でのSACDのメリットってそういうところかなと・・・。あまり夢のない話ですが。

|

« marantz SA8001 | トップページ | ALESSANDRO MUSIC SERIES TWO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540599/45111691

この記事へのトラックバック一覧です: 夢路 / Suara:

« marantz SA8001 | トップページ | ALESSANDRO MUSIC SERIES TWO »