« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

けいおん! 第9話 「新入部員!」

梓が不満を抱くのは当然なわけで・・・。

09__1

仲間と一緒に真面目に頑張って・・・と思ってるのに、仲間が無気力でぜんっぜん協力的でない、そんな時のもどかしさというか、己の無力感というか、そういうの・・・部活やサークル活動をやってれば、誰しも一度や二度は味わう思いですよね。
私も経験あります(不満を抱く側も、抱かせる側も、多分どっちもw)。

4話の合宿の時も、真面目に練習しようという澪に対し、唯や律の怠け者っぷりは多少引っかかる部分もありましたが、まぁそれでも最後は「楽しければOK」という感じで、決して後味が悪くなるようなことはありませんでした。

でも、8話での唯と律のやる気の無さ加減は、さすがにちょっと不快に感じましたねぇ。
梓が下級生で、かつ新入部員という、言ってみれば唯たちより「弱い立場」だからそう思えたのかなぁ。

09__2

ま、趣味でやってることで、そんなに目くじら立てることもないでしょ?、というのは自分の実体験でも何度も思ったことですが、そうは言っても、頑張ってる人を応援したくなるのは日本人の気質としてありますよね?
梓の存在が、けいおん部にとってプラスになるような、そんな展開だといいなぁ。

09__3

あずにゃん、頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月30日 (土)

EVANGELION:1.11 (Blu-ray)

エヴァ新劇場版のブルーレイを買いました。
DVD版との画質の違いは圧倒的。いや、正確には画質というよりは、情報量の差ですね。BDの高解像度による緻密さが、そのまま臨場感につながり、BD版はDVD版とは「別物」という印象を受けました。
噂の高画質化処理が施された今回のデジタル版は、フルHDの解像度に負けない、文句なしのクォリティの高さです。

ただ・・・DVD版を買った人に、「BD版は凄いから、ぜひBD版も買うべき」と手放しで薦められるかというと、個人的にはちょっと微妙に思います。
「すでに何度も観ていて、少し見飽きているから」なのかもしれませんが、BD版を観たからといって、新たに感動を得られるかというと、そんなことはなかったんですよね。画質の違いだけでは、正直そこまでのインパクトはありませんでした。
ですから、すでにDVD版を持っている人が、4500円出してまで買う必要があるかというと、ちょっと考えてしまいます。自分自身も「買わなくてもよかったかな・・・」と思うところもあったり、なかったり・・・。

とはいえ、「破」以降の新劇場版エヴァをBDで欲しいと思うなら、「序」もBDで買っておきたいと思うのは無理からぬところ。とりあえず、買って後悔することはない出来だと思うので、欲しい人は買ってしまうのが吉だと思います。ただまぁ「DVD版持ってるしなぁ」とちょっとでも後ろ向きに思ってしまう人は、見送ってもいいのではないかと思いますね。

なんにしても、「破」以降はBD版を最初から出してもらいたいですねぇ。1年とか待たされるのは勘弁して欲しいです。でも、もしそうなったら、結局またDVDとBDを買っちゃうかもしんないなぁ・・・。いいカモだなぁ・・・。ここは素直に「破」を劇場に観に行って、あとはBD出るまで待つ、ってのが一番いいんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

咲-Saki- 第8話 「前夜」

顔を赤らめるのどちゃん、かわいすぎですよ。観てるこっちはニヤニヤが止まりません。これで胸が無ければなぁ(をぃ

咲を見ちゃうと、月曜から水曜までは、他に見るアニメが無くてつまらないです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

けいおん! 第8話 「新歓!」


ゆいたちが演奏してた「私の恋はホッチキス」という歌が、仕事中に脳内で無限リピートされて困ってます。「ふわふわタイム」に比べると、インパクトそれほど無いかなぁ~とか思ってたんですが、案外気に入ってるのかも・・・。

作中では演奏されていない「カレーのちライス」と「ふでペンボールペン」は、いずれ演ってくれるのかな~。楽しみです。
これ、サントラとは別にソングコレクションみたいなのが出るんでしょうね。きっと。
まぁ、買うだろうな~。人として。


新キャラ登場でどうなるかと思いましたが、良い子みたいでよかったです。最初は性格悪い子っぽく見えたんですが、そんなことはなさそうですね。ていうか、クー??
なんにせよ、ツインテール娘万歳!!。


これは逃げるw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

SHORT CIRCUIT II / I've

今日はえらく蒸し暑い1日でした。さすがにヘッドホンで音楽聴くのが厳しいです。特に耳をすっぽり覆うようなタイプは辛いですねぇ。だもんで、今日は耳乗せタイプのMS-2をずっと使ってました。

さて、今日は先ごろ中古で入手したCDのご紹介。
I'veの電波ソングばかりを集めた2007年発売のアルバム、「SHORT CIRCUIT II」です。

どの曲もノリよく、明るく、楽しく、聴いてて元気になるアルバムです。
実は私はI'veのアルバム(GIRLS COMPILATIONシリーズ)を何枚か買ってるんですが、正直言ってどれも「なんか違うなぁ」と思ってました。でも、このSHORT CIRCUITシリーズを買って、「これだ!!」とハタと膝を打ちました。そう、私が求めていたI'veのサウンドって、これだったんですw。
というわけで、この「SHORT CIRCUIT II」、ここ数日で最もヘビーローテしてるCDになってます。

もちろん、こういうの嫌いな人も少なくないんでしょうけど、私は大好き。
ええ、後ろ指さしていただいて構いませんよw。好きなものは好きなんだから仕方ないです。Princess Brideとか、きゅるるんKissでジャンポ♪♪とかたまらなく好きです。

会社の昼休みに、さもクラシックでも聴いてそうな顔をしながら、私はこのCDをiPodで聴いてたりします。
バレたらシャレにならない危険と隣り合わせのスリリングさ、ある種の背徳の快感に浸るそんなひと時。不毛な日々の仕事の中でも、ささやかな楽しみの時間となっています。

それはさておき、このCD。私にとっては、ほとんどハズレ曲がないという素晴らしい内容です。以下、収録曲のご紹介。どれも好きですが、とりわけ気に入った曲に★つけました。私の好みの傾向が明確にお分かりいただけるかとw。

1.★ねぇ、・・・しようよっ! / KOTOKO
2.↑青春ロケット↑ / KOTOKO to 詩月かおり
3.★Princess Bride / KOTOKO
4.ナイショ☆Naiしょ / 詩月かおり
5.新しい恋のかたち -SHORT CIRCUIT II EDIT- / KOTOKO
6.★Mighty Heart ~ある日のケンカ、いつもの恋心~ / KOTOKO
7.はじめまして、恋。 / KOTOKO
8.乙女心+√ネコミミ=∞ / KOTOKO & 島宮えい子
9.★きゅるるんkissでジャンボ♪♪ / KOTOKO
10.アナタだけのAngel☆ / 詩月かおり
11.Princess Brave! / KOTOKO
12.I'm home / 詩月かおり
13.★めぃぷるシロップ / KOTOKO
14.Double HarmoniZe Shock!! / KOTOKO to 詩月かおり

ホント、聴いてて元気になる曲ばかりです。3曲目のPrincess Brideは、弾むようなリズムに、思わず身体が動きますし、9曲目のきゅるるんKissでジャンボ♪♪と、13曲目のめぃぷるシロップは、能天気でぶっ飛んだ歌詞が、言葉に尽くせないほど楽しいです。

手持ちのヘッドホンでは、GS1000で聴くのが最もいい感じに思いました。元々の曲調をさらにパワーアップしてくれて、底抜けに明るい感じになって最高です。ただ、曲によっては高音がちょっと耳に痛い場合があるかも。
MS-2も悪くありません。思わず身体が動くノリの良さが絶品です。でも、GS1000以上に高音が耳につくため、多少聴き疲れします。2周、3周はさすがにつらいかな・・・。

このCDに収録されている曲は、別に電波ソングなどという、一般人が腰引けそうな特殊ジャンルとして捉えなくても、明るくて楽しくて可愛い歌が好きな人なら、十分普通にアリだと思いますよ。どうです?アナタもおひとつ。聴けば元気になれますよw。

ちなみに私がこのCDで一番好きなのはPrincess Bride。こんな曲です。にゃお~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

GRADO GS1000

な~んか、ここんところ体調がいまいち・・・。ずっとお腹がゴロゴロしてるし、やたら眠いし・・・。疲れ気味。5月病??

今週のけいおん!はとても和む話でした。姉妹で仲良しって、なんかいいですよね。
それはさておき、澪ホンことAKGのK701ですが、実際に売れてるようですね・・・。まぁ、なんというか、買う理由は「音の良さ」である必要は必ずしもないわけですけどね。いずれにしても、これがきっかけでヘッドホンがさらにブームになったら面白いなぁ、と前向きに捉えたいところ。

で、前にちょっと触れたGRADO GS1000(写真右側。左側はアレッサンドロMS-2)。
フジヤエービックの店頭で試聴した時の印象が忘れられず、結局買ってしまいました(買ったのはちょっと前ですが)。

先頃PS1000が発表されるまで、GRADOのフラッグシップ機だったモデルです。

では、軽くインプレなど。

包み込まれるような響きのある音と、豊かな低音が特徴的です。その響きと低音のせいで、GS1000は音がかなり柔らかく感じます。MS-2と比べると、かなり演出された音に思えます。
MS-2を聴いた後に、このGS1000を聴くと、「ずいぶんとリッチな音だなぁ」という印象を受けます(上質に味付けられた音という意味で。決してMS-2が貧乏臭い音というわけではありませんw)。

でも、基本的にやっぱりGRADOの音ですね。MS-2とも共通する傾向があるように思います。
GRADO特有の抜けの良さはGS1000でも健在です。GS1000でも十分気持ち良さを感じられると思います。
MS-2の音に艶を乗せて、低音を増やしたのがGS1000・・・単純にそう言い切ってしまうのはいささか乱暴な気もしますが、雰囲気としてはそんな感じでしょうか。

基本性能の高さは言うまでもなく文句なしです(値段が値段ですから当然ですが・・・)。
GRADO特有の明るくてテンションの高い音の傾向から、つい脳みそダイレクト入力モードになってしまい、あまり「一音一音に聴き入る」ということがないため、HD650みたいな「緻密な音」という印象は受けませんが、実際はあらゆる音が明確にしっかり聴こえています。

先述の通り、響きと豊かな低音のせいもあって、音にとても広がりを感じます。MS-2がスタジオでの音とすれば、GS1000はコンサートホールで聴く音という感じ。

装着感の悪さはGRADOヘッドホンの特徴の一つでもあるわけですが、このGS1000は驚くべきことに快適そのもの。全く問題ありません。MS-2だと塊を耳に乗せたかのようなゴワゴワ、ザラザラ感を感じるイヤーパッドが、このGS1000ではやさしく耳を包み込んでくれて、非常に心地よいです(材質は同じように思えます)。
何よりGS1000は軽いです。MS-2とは比較になりません(というかMS-2重すぎw)。
その軽さゆえに圧迫感がほとんど無く、HD650と比較してもなお快適に感じます。これなら何時間付けていても大丈夫な感じ。

ただ、GS1000のイヤーパッドはMS-2よりかなり巨大なため、スポンジの匂いをかなり強く感じます。
MS-2だとイヤーパッドに鼻を近づけて嗅がないと分からないほどですが、GS1000では普通に装着してるだけでも匂います。最初はこのスポンジの匂いがかなり気になって、音楽に集中できなかったりもしたんですが、だんだん慣れてきて最近ではクセになってきましたw。今ではこの匂いを嗅ぎたいがために、GS1000を使う感が無きにしもあらず。使ってると、そのうち薄れていくのでしょうけど、何とも惜しい気がします・・・(を。

このGS1000、従来のGRADOヘッドホンのキレの良さ、抜けの良さに加えて、豊かな音場と低音をも合わせ持つため、ジャンルを問わず何でも聴ける幅の広さがあると思います。MS-2ではあまり向かないと感じるクラシックなども、ぴったりだと思います。
ただ、正直に言うと、私がよく聴く80'sのロックなんかは、MS-2で聴いた方が楽しいと感じます。
3倍の価格差があろうと、絶対的な性能で劣ろうと、私個人としてはMS-2で聴く方が好きです。

そんなわけなので、フラッグシップ(だった)モデルといえど、「コレがあれば他のGRADOヘッドホンは要らない」とは言えないんですよね。ネットで見かけたレビューで、「使いどころに困るヘッドホン」と評価してらっしゃる方がいましたが、分かる気がします。
そういう点ではRS-1の方がGRADOらしさを体現しているヘッドホンのような気がします。RS-1があれば他のGRADOのヘッドホンは要らないんじゃないかという気がするんですよね~。
まぁ、持ってるわけじゃないので、何の根拠もないですがw。

ただまぁ、個人的にはGS1000は非常に気に入ってます。
GS1000とMS-2の2本があれば、普段自分が聴く音楽については、ほぼカバーできるんじゃないかと思います(普段はGS1000、ロックなどでノリの良さが欲しい時はMS-2って感じ)。
ただ、たま~に落ち着いた気分でクラシックやスローバラードが聴きたくなった時(あまりないですけど)には、GS1000やMS-2よりはHD650を選びたくなります。GS1000はやっぱりGRADOですからね。何聴いても明るい方向に持っていこうとするんですよね。なので、しっとり聴きたい気分の時はHD650の方が良いです。

ひとまずGS1000、MS-2、HD650の3本で満足しているので、一時のような「新しいヘッドホン欲しい!」病は今のところ収まっています。
「J-POPやアニソンを聴く際にATH-AD2000が良さそう」とか「ベイヤーのDT990PROとかどんな音なんだろうなぁ」とか「RS-1欲しい」などと煩悩は尽きませんが、無理して買おうと思うほどではありません。
(ATH-AD2000とRS-1はそのうち、余裕が出来たら買っちゃうかもしれません・・・)

ただ、GS1000なんていうぶっ飛んだ代物を買ったせいで、今度は「今のヘッドホンアンプ(HD53R Ver8.0)では鳴らしきれていないのではないか」という強迫観念に囚われるようになり、どうにも我慢ならずヘッドホンアンプの買い替えを決断する羽目に・・・。
結局、立ち止まることなど出来ないのですね・・・。

LuxmanのP-200。買っちゃいました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »