« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

公開初日にレイトショーで見てきました。普段は結構閑散としてる近所のシネコンに行ったんですけど、場内に入った途端、いつもと違う異様な熱気に包まれてて、一瞬引きそうになりました。なんというか、まぁ、言ってみれば、ある種の馴染みのある雰囲気と化してたわけでw。

ネタバレは避けた方がよいでしょうから、詳しくは書きませんが、おおむね期待を裏切らない内容じゃないでしょうか。
お話は大筋において旧作のストーリーをなぞる形で展開してましたが、いろんなところが変えられてて、しかもそれが「おいおい」って言いたくなるような意外性に満ちていたので、なかなか新鮮に見ることができました。
ただ、中だるみを感じさせるような部分もあるかと思えば、描写がすっ飛ばされすぎて、展開早すぎるだろ?って思わされる部分もあったりして、全体のまとまりとしては、前作の序の方が良かったように思います。

とりあえず、BD出たら買って、今度はゆっくりじっくり映像を堪能したいですね。劇場の大画面ってのは、迫力があるのはいいのですが、どうしてもフォーカス甘いし、動き速いと残像でボヤけるし、そんなこんなで多分見落としてるところがいっぱいありそうなのですよね。ぜひBDの鮮明な映像で見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

Windows 7

「ありがとうキャンペーン」、巷には買えなかった人の怨嗟の声が溢れているようですが、私も見事に買えなかったクチです・・・orz

マイクロソフトが何を考えていたのか分かりませんけど、特に制約とかかけないで半額で売ったりしたら、そりゃ転売目当ての人が殺到するのは当然ですよねぇ。ああいう結果になるのは予想できなかったのかなぁ。まったく理解に苦しみますよ・・・。そもそも1人3本までってのも意味不明ですし・・・(苦笑

まぁ、でもね、確かに無思慮なマイクロソフトのキャンペーンには不愉快な思いをさせられましたけどね、だからといってマイクロソフトに文句を言うのは筋違いだろうなー、とも思います。だって、別に数量限定で安売りすること自体は、悪いことでも何でもないですしね。それに今回のキャンペーンでは、買えなかった人も、買えた人も、条件は同じだったわけで、私も含めて、買えなかった人は単に早い者勝ちの競争に敗れただけですから、悔しがるのはよいとしても、マイクロソフトを非難するのは間違いでしょう。

救済策の発表を期待する人もいると思いますが(私も少し期待してました)、どうでしょうねぇ。よく考えてみれば、今回のキャンペーンに「さらに限定数追加で提供」とかやっても、また同じことの繰り返しでしょうし、「数量無制限で期間のみ限定」なんてやったら、それこそWindows7発売後に正規の値段でなんて絶対に売れなくなりそうですし、どう考えても、こういう形でのキャンペーンはもうやらないんじゃないでしょうか。

ただ、マイクロソフトは「今後もキャンペーンはやりたい」みたいなことを言ってるみたいなので、正式発売までの間に、また何らかの形でお買い得な予約キャンペーンが行われるかもしれませんね。

今回のキャンペーンでマイクロソフトが多くのユーザーに不愉快な思いをさせたのは間違いないわけで、それは何らかの形で挽回して欲しいところ。もし、このまま何も無ければ、私もWindows7は必要に迫られない限りは買わない・・・と思うしw。

まぁ、とか何とか言いながらも、半年も経ったら、今回ムカついたのなんて忘れてそうですけどねw。結局、現実的な話としては、OSはWindows以外選択肢ないわけだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

アルター 高町なのは エクシードモード

アルターから正式に発表されましたね。エクシードモードなのはサン、10月発売デス。

http://www.alter-web.jp/figure/09/10_1/index.html

かねてより欲しかったエクシードモードなのはさんのフィギュア。
楽しみにしていたモデルですから、そりゃもう速攻で予約しましたよ。ええ、速攻です。
う~ん、10月が待ち遠しいです。

と言っても、4畳の私の部屋には、こんなボリュームのあるフィギュアを飾る場所なんて、どこにも無いんですけどね・・・(;;;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

けいおん! 第11話 「ピンチ!」

11_1
梓もすっかり軽音部に溶け込んだようで。

11_2
「弦って換えるものなの!?」
スイマセン。私も知りませんでした・・・。
ギターの弦って「切れる」とか「折れる」とか「曲がる」とかするまでは、ずっと使えるもんだと思ってました。

11_3
25万のギターを5万にまけさせただけじゃなく、さらにメンテナンス費用5000円まで踏み倒すだとぉ!?、まったく、この子は!w
そのお金はタダじゃないんだぞ。誰かが負担してるんだからなー!。
な~んて現実的な考えが思わず頭をよぎってしまって、素直にコメディとして楽しめないのは、ワタシがオヤジゆえなのか・・・??

11_5
素直に澪に甘える律が可愛いw
まぁ、なんだかんだ言ってもこの二人は幼馴染の仲良しコンビなわけで。今までもこういうのは何度もあったんだろうなぁ・・・と勝手に思い込んどくw。

11_6
唯はこの有様。
ある意味、非常に唯らしいといえばその通り。
そして、これが布石となって、来週の最終回につながるのかな?(風邪引きかけてたみたいだし)
そして、またしても、喉やられて歌えない(今度は風邪で)、というパターンか!?
まさかなーw

ていうか、来週が最終回だなんて、ちょっとビックリしました。
だって、BDが7巻まで出る予定みたいですし、そうなると2話×7巻で計14話あるはず、ですしね。
CLANNADみたいに、最終回の後に番外編、総集編って感じで、計14話なのかな?

|

2009年6月13日 (土)

クラブ・ラックスマン

ラックスマンから、先日買ったヘッドホンアンプP-200の保証書が送られてきました。
保証書と言っても紙ではなく、ご覧の通りのカードです。ラックスマンって保証登録ハガキを送ると、こんなカードが送られてきて、これが保証書となるんだそうな。
まー、ヘッドホンにハマって、今回P-200を買うまでは、ラックスマンなんて遠い存在だったわけで、保証書がカードだなんて当然知らなかったんですが、コレはなんかちょっとプレミアムな感じがして、顧客満足度をくすぐられますね<意味不明w
ペラいただのプラスチックの切れ端かと思いきや、ちゃんと磁気式のカードだし、なんだかちょっと嬉しかったデス。

あ、そういや、ラックスマンと言えば、以前ラインセレクターAS-4IIIを買ったけど、あれは保証書なんて何もなかったような・・・。

保証登録ハガキを送る際に、記入要領に「販売店印があること」と書いてあったんですが、私の場合はメーカー直送だったので、そんなものはなかったんですね。だもんで、「御社より直送だったので、販売店印はありません」と書いて送りました。
特に何も言われませんでしたね(文句言われても困るんですけどw)。配送の履歴とかちゃんと調べたのかなぁ。そこまではしてないかなw

ラックスマンは高級機メーカーだけあって、サポートが非常に良いと聞きます。
しかも、保証期間が2年と長い点もGOOD。やはり、何より国産メーカーというのは安心感あります。
P-200を今回選んだのも、実はその辺が一番の理由だったり・・・(あと、ネットでの評判も殆ど無くて、持ってる人が少なそうだったのも理由)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ヴィヴィオその後

先週末には出来上がるかな~とか言ってたヴィヴィオは、まだこの程度・・・。

Vivio14c
土日が用事で潰れたのが痛かったなぁ・・・。もうひと頑張り。今週末にこそは!
セイクリッド・ハートを追加したのと、相方に「これ、はいてない!?」と詰問されたので、ちょろっとパンツも描き足しときました(を。

あ、あと、ウチとこのサークル「もっとかんぱに~」がコミケ当選したようです。
スペースなどはまた後日に。

で、いずれPOPとか作らねばならないので、そろそろ我が家のプリンターPM-4000PXを目覚めさせとこうと思い、インクを交換して、クリーニングなどして、数か月ぶりに試し刷りしてみたところ・・・。
なんと黄色以外出ないというあり得ない状態が・・・。
何度クリーニングしてもダメで、ついにインクが切れてクリーニングも出来なくなってしまいました・・・orz

ちょっと放置し過ぎたかなぁ・・・。

修理に出すか・・・それともこれを契機に、もっとランニングコストの安いA3対応プリンターに買い替えるか・・・。悩ましいところです。

PM-4000PX、インク高いんですよね。
よくノズル詰まって、クリーニングを強いられるし、クリーニングするとインクが半端なく減るし・・・。今まで印刷に使ったインクと、クリーニングに使ったインクの量は、それほど変わらないんじゃないかなw。いや、冗談抜きで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

けいおん! 第10話 「また合宿!」

前回までの流れから考えるに、合宿と聞いて梓が不安がるのは当然なわけで・・・。

10_1

今の自分にとっては、1歳の年齢差なんて「問題にならない誤差」ですが、中学高校の頃って、1歳違うだけで「全く異なる次元の存在」みたいな感じ、ありましたよねぇ。特に部活とかやってて、先輩後輩の関係を意識することが多いと、そこには超えられない壁みたいなのを常に感じてて・・・。
私も一応、運動部でしたので、そういう意識ってありました(体育会系ではないので、そこまで上下関係厳しくなかったですけど)。
あぁ、しかし、懐かしいなぁ。下級生の女の子に「先輩!」って呼ばれてた頃が・・・(遠い目)。
あの頃は時間の密度が異様に濃かったなぁ。今とは比較にならないくらい・・・。

10_2

梓が一番はしゃいでたってのはいいとして、でも梓だけこの焼け方ってのはあり得ないと思うw。律や唯も同じくらいには焼けてるはずじゃないかと。

10_3

前回の「唯たちの不真面目さ」へのフォローがしっかりありました。
でも、これちょっと強引な感じが・・・。みんなが寝静まった後に一人練習する唯ってのは、ちょっとイメージ違い過ぎるというか・・・w。
ま、でも、これくらいやっとかないと、梓の内心のモヤモヤはいつまで経っても晴れないだろうし、先輩を先輩として一目置くようなことも出来ないだろうからなぁ。

10_4

あずにゃん可愛いなぁ。俺も抱きつきてぇ(犯罪

なんにしても、これで梓も「けいおん部の一員」として今後は安心して見ていられるかと(と言っても残り話数少ないですが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 5日 (金)

PC静音化

お絵描きに使用しているメインPCは、机の上に置いています。以前は足元に置いていたのですが、邪魔なので去年の年末の大掃除の際に、机上に移しました。おかげで足元が広くなり、絵を描く際にも快適に作業できるようになりました。

でも、机上に置いたせいで、今度は稼働音が耳につくようになってしまいました。
それなりに静音を意識して作ったマシンなので、決して爆音を立てるわけではありませんが、「うぉーん、うぉーん」という低い音が、一定周期で繰り返し響いていて、気にしだすと止まらなくなります。
でも、メインPCは絵を描く時以外は殆ど起動しないので、今までは気にしないようにして使っていました。

とはいえ、それも限界・・・。
どうにも我慢ならなくなり、静音化に着手することにしました。

最初、ケースファンかCPUファンを疑いました
どちらもファン径が9cmで、絶対的な風量が少ないため、標準的な回転数のものを使っていました(静音ファンではない)。それがケースと共振を起こしてるのではないかと思ったわけです。

ケースとCPUクーラーに、12cmの静音仕様ファンを使いたかったので、やむなくケースを買い換え、合わせてCPUクーラーも買いました(薙刀⇒サイズのニンジャ)。

ケースとCPUクーラーの換装を済ませ、さぁ、これで気になるような音は無くなるだろう、と思ったんですが・・・あろうことか、状況はさほど改善されず・・・。

本腰入れて調べてみたところ、結局バックアップ専用に付けていた古い120GBのHDDが原因でした。古くなったせいか振動がかなり発生するようになっていて、それがケースと共振して唸りを発生させていたようです。

追加で1TBのHDDを購入しました・・・。今日ネットで発注したので、届くのは日曜かと思いますが、まぁ、これで静かになってくれるんじゃないかと・・・。

ちゃんと調べなかった自分が悪いんですが、無駄な出費をしてしまいました。
でも、まぁ、ケースとCPUクーラーについては、「12cmファンのものに換えたい」というのは前から思ってましたし、バックアップ用のHDDも容量が足りなくなってきていたので、ちょうど良い機会だったかなと・・・。
人生前向きに・・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

祝「魔法少女リリカルなのはViVid」連載開始

4期の連載が開始されましたね。実にめでたいです。何といっても、あれほど熱望したヴィヴィオ主人公での物語ですし、いや~ホントうれしいですねぇ。これはぜひアニメ化を熱烈希望したいところ。
ん?Force? いや、だって、あれ、魔法戦記だし・・・。魔法少女モノじゃないし・・・。

正直言って、今のところForceにはあまり興味湧きません。StrikerSでも、新キャラ投入し過ぎて、話の焦点がボケてしまっていたのに、さらに登場人物増やして、どないすんじゃと・・・。というか、もう「なのは」である必要性すらないんじゃないかと・・・。

Vivio14b_4

なのはViVid連載開始記念で描き始めたヴィヴィオ。主線の整理が終わったところ。これから塗ります。週末くらいには出来上がるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »