« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月21日 (火)

ノイズキャンセリングの真実

先日、新品になって手元にやってきたBOSEのQuietComfort2を、本日はじめて通勤で使ってみました。

少しコンパクトな、耳のせタイプのQC3と違って、QC2は耳をすっぽり覆う大きさなので、着けてると結構目立つんじゃないかと思います。電車のガラスに映る自分の姿を見て、ちょっとだけ恥ずかしかったです(すぐに慣れましたがw)。

で、肝心のノイズキャンセルの効果ですが、「思ったほどでないが、意外と効果ある」というのが正直な感想でしょうか。「周りのノイズを完全シャットアウト!」みたいな劇的な効果を期待すると、少々肩透かしを食らうかもしれませんが、地味に、確実に、そして堅実に効きます。

地下鉄のホームでスイッチONにすると、すーっといろんな音が遠のいていき、格段に静かになります(この2~3秒のプロセスは、なかなか面白い体験です)。しかし、決してすべての音が聴こえなくなるわけではなく、人の声は割とよく聴こえますし(駅のアナウンスはちゃんと聴こえました)、その他の騒音についても完全に聴こえなくなるわけではありません。

でも、ノイズキャンセリングが効果的に働いて、殆ど聴こえなくなる音もあります。地下鉄がホームに入ってくる時の「ゴーッ」て音なんかは、殆ど聴こえなくなるようです(音の全部ではなく、一部の周波数の音が激減する感じ)。電車が入ってくる途中でQC2のスイッチをOFFにしてみて、その差にびっくりしたほどです。クルマの音なんかも聴こえにくくなるらしいので、外を歩いている時使う場合は、気を付けた方がよいかもしれません。

外出用ヘッドホンとしては、別にこれ以上の音質を望むつもりもないですし(家の中で使おうとは思いませんが)、何より騒音に邪魔されない分、音量を上げなくて済むのが有難いですね。元よりそれほど大きな音量で聴くことはありませんが、耳への負担は出来るだけ軽い方がいいでしょうし。それに、構造的にも、耳を完全に密閉するカナル型より、耳に優しいんじゃないかと思います。

唯一難点があるとすれば、この時期は「とにかく蒸れる!」ということ・・・。こればっかりはどうしようもないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

恋のタイムマシン

絵を描いてる時にBGMは必須なわけですが、ここ数日で最も再生回数が多いのは(つまりハマっているのは)、田村ゆかりの「恋のタイムマシン」。
この歌をDancexMixerというソフトのPVで聴いて以来、すっかりハマっています。

PV見てるだけでは飽き足りず、CDまで買い込むハマり様。でも、その程度の出費は余裕でペイするくらい、繰り返し聴いてます。

初めてこのPVを観た時は、「動きにキレというか、躍動感というか、そういうものがないなぁ」と思ったんですが、何度が観てるうちにお気に入りになってましたw。
まぁ、何度も観るということは、最初から気に入ってたんでしょうね。

ニコ動なんかには、このソフトで作った3Dキャラのダンスムービーが、かなりの数あがってますが、それらを見てると、いかに公式のPVのダンスがよく出来てるのかが分かります。滑らかに、リズム感ばっちりで躍らせるのは、相当難しんだろうなぁ。

というわけで、今日も「恋のタイムマシン」をハードリピートしながら、原稿を進めております。何とか予定のタイムスケジュールに追いつけそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

夏コミ原稿描いてます

C76top5

3連休開始。この休みは、夏コミ本作業に関しては、まさに天の恵みです!。少々遅れ気味のタイムスケジュールをここで一気に取り戻したいところ。

本について、少し触れておきますと、今回は予定通りヴィヴィオ本となっています。執筆メンバーはいつもの通り。ただ、表紙については、いつもなら、ぴかいち氏と相談しながらデザインして、私が下絵を描いて、その後はぴかいち氏に一任してるんですが、今回はぴかいち氏が時間的余裕がなく、やむなく私が一人でやりました。

表紙がひとまず出来たので、後は本編を仕上げるのみ。せめてこの休みの間にペン入れはすべて終わらせないといけません。んで、来週ベタ入れ・トーン貼り等やって、再来週に全体の調整をして、8/3入稿の予定。

しかし、暑い・・・ですねぇ。でも、エアコン入れたまま、1日中座って原稿描いてると、膝が痛くなります・・・。動かないってのもあるんだろうけど、短パンでいるのも、膝が冷えてよくないんだろうなぁ。とりあえず、後で軽く散歩してこよう。日が暮れたら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

BOSE QuietComfort2

先日、オクでBOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort2」を落としました。

出品者曰く「イヤーパッドが多少痛んでいるが、使用には支障なし」とのことでしたが、イヤーパッドは消耗品だし、どうせハナから交換するつもりだったので、そのことは特に気にしていませんでした。

でも、実物が届いてびっくり。予想のはるか上を行く痛み具合でした。
その酷さたるや「多少」なんてものじゃなく、文字通りボロボロの状態・・・。
表面は何だかべとついてるし、痛んでいる部分は細かい屑みたいのが剥がれ落ちてくるような有様。それもイヤーパッドだけではなく、ヘッドバンド部のクッションまでそんな状態。
とてもじゃないですがそのまま使おうと思えるコンディションではありませんでした。

まー、音はちゃんと出てるので、一応「動作は問題なし」ですし、オクはNC・NRで自己責任が基本。こういう場合は普通だったら「やっちゃった・・・orz」と後悔して、それで終わりなんですけどね。

でも、BOSEのヘッドホンは違うんです。

出品者から届いた翌日に、速攻でBOSEに送って修理を依頼しました。修理の依頼内容は「ヘッドバンド、イヤーパッドのクッション交換」。

そして、営業日ベースで3日後。ヘッドホンがBOSEから戻ってきました。

修理代は8000円+消費税で8400円。修理内容は・・・「本体交換」。
そう、本体が丸ごとそっくり交換されて戻ってきたんです。つまり新品になって帰ってきたわけです。

迅速過ぎる対応に加えて、本体丸ごと新品と交換なんて、BOSE凄すぎ。

実はBOSEのヘッドホンは、ヘッドバンドの部分を対象に修理に出すと、大概のケースで新品交換になるそうです。
修理費はヘッドホンの機種でも異なるようですが、QuietComfort2の場合は8400円の模様。

ネットでいろんな人の話を見てて、私はそのことを知ってたので、リスクを承知でオクで落とした、というわけです。
まぁ、実を言うと、修理に出すのは最後の手段で、程度がよければイヤーパッドだけ自分で買って、交換してそのまま使おうと思ってたんですけどね。
さすがにあの痛み具合は、そんな悠長なこと言ってられるような状態ではありませんでした。

結果として、新品を普通に買うよりずっと安い金額で、おニューのQC2を手に入れることが出来たわけで、とっても満足しています。QCが欲しい人は、修理に出すこと前提で、中古を安く買うのもアリではないかと思います。
ただ、オクで流れているBOSEのヘッドホンには偽物が多いということなので、買う時は注意する必要があるかもしれません。

しかし、BOSEの対応はホントに良いですねぇ。感動しました。
こういうのを実際に体験すると、思わず「次もBOSE製品買おう」という気になりますね(まぁ、中古なわけですがw)。こういうことでブランドイメージって培われていくんだなぁって思いました。

ちなみにQC2を買ったのは、iPod用に使っているフィリップスのSHE9850が、あまりにもタッチノイズ(コードが服に当たったりした時に、耳に響いてくる音)が酷くて、いい加減、我慢の限界に達したためです。カナル型は多かれ少なかれタッチノイズがあるものですが、こいつは酷過ぎ。おとなしく椅子にでも座って聴いてる分には、音もいいし、悪くないんですけどねぇ。歩き回ると、ガサゴソとうるさいったらありゃしません。下手すりゃ耳が痛くなりそうなほどです。
QC2ならそんなこともなく、快適に音楽を聴けそう。でも、QC2、実物を手にして思いましたが、今の時期は暑苦しくてとても着ける気にならないかも・・・。むちゃくちゃ蒸れそうです。これは、涼しくなるまでは使わないかもなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

figma ドロッセル

「そっくりね」
「瓜二つでございます」
「うりふたつ?」
「二つに割った瓜のように、そっくりであることの例えでございます」
「非論理的ね」
「それが人類ならではの感性というものでございます」
「ファジーね。または1/fゆらぎっていうアレね」
「ソレでございます」

なげーよw。
というわけでドロッセルお嬢様がやってまいりました。期待通りの出来の良さ。二次元の世界からそのまんま抜け出てきたような完璧なプロポーションです。早速モニター脇に飾りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »