« iBasso T3D 発注 | トップページ | iBasso T3D 発送 »

2010年4月 7日 (水)

SHUREがけ

音は良いけど、タッチノイズが酷くて、会社で昼休みに自席で使うだけになっているSHE9850。
音は好きなんですよね。
通勤時に使ってるBOSE QuietComfort2やSONY MDR-EX500に比べて、ディテールがはっきりした綺麗な音で、私の好みからすれば、本来ならこっちを常用したいところ。

せっかくポータブルアンプも発注したことだし、出来ればSHE9850を通勤時にも使いたい。何とかならんものか・・・。

というわけで、SHUREがけを試してみました。

SHUREがけ?なにそれ?

ご存じない人も当然いるでしょう。
イヤホンを逆さまに装着してる人を見たことありませんか?。
あれが俗にSHUREがけと呼ばれるものです。
耳の後ろからコードを回すことで、コードを伝わってくる振動を殺して、タッチノイズを軽減するという方法なのです。

SHUREがけでタッチノイズが減るというのは、前々から聞いてはいたのですが、「コイツなにとち狂って逆さまにイヤホンつけてんだよ。バカじゃね」などと思われるのがイヤで、今まで試したことはなかったんですよね。
でも、今回、実際に試してみて、その効果に驚きました。
あれほど気になっていたタッチノイズが激減するじゃないですか!。
じっとしてても、息するたびにコードがすれてガサゴソ耳触りな音がするほどだったのに、付けたまま歩き回っても全然平気!。これなら全く問題なく常用可能です。

見た目の問題も、QC2を平気で外で使えるようになった今の私にとっては、何ほどのこともありません。全く無問題。

あぁ、こんなことならもっと早く試してみるんだったなぁ。QC2とかMDR-EX500とか、買わなくてもよかったじゃんw。
あ、でもQC2は冬の間はイヤマフ代わりに重宝するからいいか・・・。
MDR-EX500は要らなかったかも・・・。

|

« iBasso T3D 発注 | トップページ | iBasso T3D 発送 »

ヘッドホン」カテゴリの記事