« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

SR-404イヤーパッド交換

さて、昨日のブログに書いたSR-404ですが、中古で買ったということもあり、イヤーパッドについてはハナから交換するつもりでした。

20100626_2
これ(↑)がオリジナルのパッド。まぁ、綺麗な状態だし、アルコールで拭く程度でそのまま使ってもよかったんですけどね。

ちなみにこれ、高透湿性高級人工皮革だそうですが、この時期はどうしたって蒸れますねぇ。これをエアコンなしで使うのはちょっとした拷問だと思います。

SR-202のイヤーパッドは「高透湿性」という文字がないのですけれど、どうなのだろう・・・。

それはさておき、イヤーパッドの交換です。

2chのSTAX板など見てると、STAXに送って交換依頼をする人が結構多いようですが、私は「たかがイヤーパッド。しかも貼りかえるだけでしょう?」と軽く考えて、自分でレッツチャレンジすることに!(まぁ、あとで後悔するわけですがw)。

で、交換用のイヤーパッドをどうするか。

STAXは単品売りでイヤーパッドを売ってます。SR-404用はEP-234BRというやつで、アマゾンで2790円(Joshin Web)。でも、同じものではつまらないですし、やけに評判が良いSR-404LTD用の本革(ラムスキン)のやつを買ってみることにしました。

20100626_5
安いヘッドホンが1台買えるような値段ですがw。まぁ、本皮だし・・・。

20100626_3_2
まずは元のイヤーパッドをはがします。両面テープで付いてるだけなので、はがせるのは誰でもはがせると思います。ただ、はがした後がかなり厄介で・・・。綺麗にはがれないんですよね、これが・・・。仕方ないので、残った両面テープは、無水アルコールを脱脂綿に含ませて、せっせと拭き取りました。いやはや、これがかなり面倒でしたねぇ。アルコールに溶けた両面テープの接着剤が中々拭き取りきれなくて、あちこちベタベタになるし、 指でこすってたら、気づいたら指の腹の皮が「靴ずれ」みたいな状態になって皮浮いてるし・・・(アウチ!)。

20100626_4
1時間半くらいですかね。やっとのことで一通り綺麗な状態に・・・。んで、新しい両面テープを張り付け、保護メッシュカバーをはめ込んで、イヤーパッドを貼り付けます。はがした跡を綺麗にする作業さえ乗り越えれば、後はなんてことはありません。

20100626_6

20100626_7
作業完了の状態。元のイヤーパッドは茶色でしたけど、LTD用は黒。別に違和感ないですし、むしろこっちの方がいい感じ。

元々付いてたイヤーパッドは、保護スポンジがイヤーパッドに直接縫いこまれてました。新しいのはそれが別体式になってて、材質もメッシュに変わってます。その材質の違いが影響してるのかどうか分かりませんが、イヤーパッドを換えてから、高音がちょっとだけまろやかになって、より聴きやすくなった気がします。もしかしたらイヤーパッドの材質が変わった(人工皮革から本革)のも影響してるかもしれません。自分として好ましい方向に変わったと感じます。

あと、交換直後は皮がまだ新しくて、付けてちょっと動くとギシギシ言ってたんですが、1日経ったらだいぶ馴染んだようで、それほど気にならなくなりました。音も交換直後は少し解像度が下がったような気がしたんですけど、イヤーパッドが顔に合わせて形が変わっていくらしく、1日経ったら密閉度が交換直後より上がって音がはっきりしてきた感じがします。

でまぁ、今回、自分で交換して出した結論なんですが・・・。

「次に交換する時はSTAXに送ろうと思います(を」。

交換作業が意外と大変だったとゆーのもありますが、STAXに送るとついでにいろいろ検査や調整もしてくれるそうなので、それもよいかなーと^^;。次に交換する時はおそらく数年後でしょうし、いろいろヘタってるだろうし。

で、無事にイヤーパッド交換は終わったのですが(実は両面テープとかちょっとだけズレちゃってたりするんですが^^;、まぁ音には影響ないし)、ここ数日SR-404を聴いていて、ちょっと問題が・・・。

20100626_8

まぁ、普通の人がSR-404を付けるとユニット、ヘッドバンドはこんな感じ(↑)になると思います。特に問題はないです。でも、ちょっと頭の大きい人(私とか)が付けると・・・。

20100626_9_3

こんな感じでヘッドバンドのプラスチック部品が頭に当たるんですよ。短時間ならそれほど気にもならないんですが、長時間付けてるとだんだん違和感を覚えるようになります。ヘッドバンドの調節をうまく決めてれば、痛みが出るほどではないのですが、それでも快適なリスニングにとっては障害です。2chのSTAX板で同じようなことを言ってる人がいたので、私だけではないのでしょうけど、問題視されていないところを見ると一部の規格外の人だけの問題なのかな・・・。

オメガ系はそんなことはないという話なので、SR-007もしくはSR-007Aに買い換えてやるか!?などと一瞬短絡的に考えましたが、値段差の壁の前にたまらず膝をつきました・・・。戦わずして降参です。だって、SR-007Aの16万とか絶対無理だからw。フジヤの中古でも14.5万ですか? いや無理だから。無理無理w。

SR-007の中古が安く買えれば、それをSTAXにオーバーホールに出すってのが現実的なところかなぁ・・・。まぁそうそううまい出物があるわけもないんですが・・・。それ以前にそのプランでも10万はかかるだろうし・・・。

|

2010年6月26日 (土)

STAX SR-404 & SRM-323A

さて、ボーナスシーズンです。私のとこも一応出ました(昨年より減りましたが・・・)。

で、早速・・・。

20100626_1

我が家のヘッドホン部隊に新たに配備された「STAXのイヤースピーカーSR-404とドライバーユニットSRM-323A」でございます。ぞれぞれ個別にショップ中古で購入しました。

まー、現状、室内向けとしてP-200+GS1000、お出かけ用としてSR-71A+10Proという組み合わせで満足しているのですが、STAXのコンデンサー型ヘッドホンというのは未知の領域でして(今まで聴いたことすらない)。噂に名高いSTAX。いったいどんなものなのか。今までずっと気になってました。

さて、実際に聴いた感じですが、おおむね・・・というかまったくもって巷で言われてる通りですね。バランスは高域寄り。解像度が非常に高く、線の細い音。しかし、キンキンするような耳に痛い音は全くなく、聴いていて心地よい音です。

一般的なヘッドホン(ダイナミック型)と全く異なる駆動方式ということで、実は内心では「何か特殊な音」が鳴ることを期待していたのですが、もちろんそんなことはなく(笑)、音自体はいたって普通です(当たり前だw)。いや、普通というより自然というべきかな。決してモニターライクな無機質な飾り気の無さではなく、とっても自然な・・・そう、例えて言うなら、淡々としていて音がサラサラした感じ(分からんわ!)。和風なテイストとも言えるかも(余計分からんわ!)。

もちろん、自然な音と言っても、特徴がないわけではありません。中でも高音の聞こえ方。これがコンデンサー型の真骨頂というべきなのでしょうか。綺麗に伸びていった高音が、ぱぁっと霧散して消えていくような様は、手持ちのHD650やGS1000では味わえない感覚です。ピアノの余韻とか、思わずウットリです(で、思わずぐっすり・・・これでゆったりした曲とか聴いてると凄く眠くなりますw。原稿が・・・進まん・・・)。

SR-404をはじめとするラムダ系は低音が出ないとよく言われますが、個人的にはこれで十分だと感じます。ただ、ノリの良さにつながるような低音は確かに出ないので、GRADOみたいに知らずヘドバンするようなことはまずありません。用途としてはクラシック、女性ボーカルもの(ノリノリではなくノンビリ聴くような曲)が合うと感じます。

手持ちのGS1000、HD650との使い分けは、もうしばらく鳴らしながら考えていくことにします。いずれも性格が全く異なる機種なので、使い分けは問題ないと思いますしね。まぁ、使用頻度に差は出てくるとは思いますが(今もHD650はあまり出番なし)。ひとまず当面はSR-404を聴きこんでみます。

蛇足ですが、デザインについても少々・・・。

どうでもいい話ですが、SR-404を付けてる私を見て、嫁がめっちゃ吹いてました。GS1000も「レレレのおじさん」みたいだと笑われるのですが、SR-404はもはや有り得ないレベルだと言われました・・・。まぁ、巷でも「キムコ」だの「虫カゴ」だの言われてますけどね・・・。個人的には無骨で楽しいと思うのですけどねぇ・・・。嫌いじゃないんだけどなー。

|

2010年6月 5日 (土)

SR-71A電池交換

昨晩、SR-71A使用開始後はじめての電池交換をしました。
ちなみに使っているのはPROCELLアルカリです。通勤の行き帰り(往復2時間程度)、会社の昼休み(30分程度)、あとは自室で都合10時間使ったくらいで、半月ちょっともちましたね。この電池はwikiには「60時間程度もつ」とありましたが、おおむね合っているのではないかと思います。ランニングコストは、一個300円で、半月に2個とすると、一か月で1200円・・・。1セット半月ちょいもつので、もう少し安くて1000円程度でしょうか。まぁ、安くはないですねぇ。
充電池の購入も考えていますが、はたしてどうしたものやら。とりあえず、まとめ買いしたPROCELLアルカリが尽きたら考えよう・・・。

さて、私は外でも自室で聴くのと同じ音量で聴くようにしています。そのため、イヤホン選びにおいて遮音性は重要な要素です。
今使っている10proはその点でかなり優秀なようです。
シリコンチップを使うと「結構外の音が聴こえてくるなぁ」と感じますが、コンプライに変えるとほぼ問題ないレベルにまで遮音性が向上します。コンプライなら静かな部屋で聴く音量のままで、通勤電車内でも普通に聴けます。

ただ、コンプライを使うと、耳穴がかなり圧迫される感じがします。そのせいか、なんだか耳穴の形が変わってきたような気もします。10proのぶっといノズルで耳穴が開発されてしまったのかも・・・。

そういえば、高遮音性イヤホンといえばSHUREが代名詞みたいに言われますが、10proとくらべてどうなんでしょうね。SE530とか気になって仕方ありません。535が発売されたら安くなったりしないかしらん。
いや、当面は10proを聴きこもうと思ってますよ。SE530なんて・・・買いませんよ。

・・・多分。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »