« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月23日 (木)

STAX SR-507

SR-507

発売数日前に衝動的にフジヤエービックさんで予約購入しました。

以下、SR-404と比較などしつつ簡単に感想など。

前にブログに書きましたけど、私の場合、SR-404はヘッドバンドの一部が頭に干渉して、1時間程度であたってる部分が痛くなってしまいます(たいがいの人は問題ないようですが、一部では私と同じように痛いという人がいるみたいですね。頭でかいのがダメなのかしらん・・・)。

でも、このSR-507はヘッドバンドの構造が改良されていて、全く問題ありません。ヘッドバンドのどこも頭と干渉することがなく、快適にリスニングに集中できます。

ヘッドバンドの調節が固定(10段階)できるようになったのも○です。おかげでSR-404みたいにだんだんずれてくるようなこともなくなりました。

買う前にスペック表を見て、重量がちょっと気になってたんですが、側圧がSR-404よりもやや強くなっており、そのおかげで頭頂部だけではなく、頭を挟み込む力でも本体を支えることになるため、実際に付けると重さはさほど感じません(ちなみに側圧が強くなったといっても、装着感に影響するほど強いわけではありません)。

SR-404だと、ほとんど全ての重さを頭頂部で支えているため、頭が痛くなることがありましたが、SR-507ではそれもありません。

とまぁ、そんな感じで、SR-507の装着感はSR-404と比べて相当向上しており、そのおかげで何時間でも連続使用が可能です。私にとってはこれだけでも買った甲斐がありました。

音については、基本的にはSR-404に通じるものだと思いますが、全体的に音がさらにクッキリハッキリとしていて、明瞭さが増しているように感じます。

低音もSR-404よりは出ていると思います。歯切れのよい低音が心地よいです。

音が近い感じはSR-404と変わりません。タイトな感じで、広大な響きみたいなものはありませんね。でも、個人的にはそのおかげでノリの良い曲が気持ちよく聴けるので、むしろこれは長所と捉えたいところです。

全体としてはSR-404に比べてよりジャンルを選ばない機種になったように思います。もちろん、好みの問題はあるでしょうけど、私個人としてはこれ一本で何でも聴けそうな万能性を感じます。

真っ黒になった見た目もカッコいいですね。茶色いSR-404よりも精悍な感じで気に入りました。

正直、実際に聴いてみるまでは、SR-404と比べてどれほど違うものか不安だったのですが、これは買って正解でした。

実はSR-404の装着感に我慢できなくなってきていて、SR-007Aを買う寸前だったんですよ。でも、SR-507があればSR-007Aは「とりあえず当面要らないかな」と思えるようになりました。

もちろんSR-007AがΛ系とは全然別物だというのは分かってるので、いつかはSR-007Aも買いたいですけどね・・・。

まぁ、いかんせんそうそう買える金額でもないので、当面はSR-507を堪能することに集中しようかと・・・。

ちなみにSR-404は持ってても仕方ないので処分しました(SR-507を持っていて、あえてSR-404で聴くことはまずないでしょうから)。

実はここ1~2ヵ月はヘッドホンの入れ替えが尋常でない勢いになってます・・・。SR-507よりも大物も購入したりしてるので、そちらの感想なども近日中に書きたいところ。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »