« 魔法少女リリカルなのはVivid 第22話 「トップファイター」 | トップページ | PS AUDIO GCHA »

2011年3月 5日 (土)

GRADO SR225

Img_0826

GRADOのSR225です。なぜか分かりませんが、新品がやたら値下がりしてて(円高還元?)、中古も安くなってたので、買ってみました。いつものようにフジヤエービックさんで購入です。

中古とはいえ見た目は綺麗なもの。パッドも新品になってて、全体的に使用感みたいなものは全く感じられません。ほんと新品同様。

チャンバーがプラスチック製、ヘッドバンドもビニール製ってことで、「手に取ると非常にチープな印象を受ける」という巷の噂をさんざん聞いていたのですけど、実際に届いて手にしてみると、それほど安っぽい印象はなかったですね。まぁ、でも、これが3万で買ったのであれば、確かに「安っぽい」と思うかもしれません。

ただ、手に取った瞬間、そのあまりの軽さに思わず笑ってしまいました。軽い!。とにかく軽い!。

音はしっかりGRADOしてます。抜けがよくて、弾けるような元気の良い音です。MS-2(SR325i)に比べると少し高音が粗い気もしますけど、これ単体で聴いてる分には全く不満はありません。見た目の印象とは異なり、意外なくらいの高音質です。

実を言うとこのSR225はお試しで買いました。ホントは上位機種のRS-1が欲しいのですが、RS-1は中古でも5万くらいしますし、いきなり買って後悔するのも嫌だったので、まずは音が非常によく似ていると言われているSR225を中古で買って、ひとしきり聴いてから、納得したらRS-1(あるいはMS-PRO)を買おうと思ったのです。

でも、SR225を買ったら、なんだか満足出来ちゃってw、これならRS-1は要らないかなーとか思い始めてたりしますw。

中古とはいえ、こんな良いヘッドホンが1万ちょいで買えるなら、RS-1は言うまでもなく、GS1000も立場ねーなーと思ったり思わなかったり。

Img_0824

GS1000との2ショット。

SR225がいくら良いとは言っても、 GS1000とはやっぱり違いはあります。というか、SR225とMS-2(SR325i)は明らかに同一線上にあるヘッドホンですが、GS1000はそのラインとはちょっと趣が異なる感じなのですよね。ユニットが同じに見えますしw、根本の音は同じなんでしょうけど、GS1000は巨大な木製チャンバーとパッドのせいで相当に味付けが濃くなってるように思います。具体的に言うと、包み込まれるような響きと、開放型では最強じゃないかと思えるくらい豊潤な低音が、GS1000ならではの特徴です。人によって好き嫌いはあると思いますけど、その独特の個性ゆえのあの値段かと思うと、私はSR225との値段差にも納得しちゃいますねぇ(私はGS1000大好き)。

いろいろ他メーカーのヘッドホンにも気が移ったりしますけれど、なんだかんだ言ってもやっぱり私はGRADOが一番好き。お金あれば、全ラインナップ揃えちゃいたいくらいですw。

明るくて元気がよい、弾けるようなサウンドに興味がおありの方、ぜひお試しあれ!(まずはMS-1あたりから)

|

« 魔法少女リリカルなのはVivid 第22話 「トップファイター」 | トップページ | PS AUDIO GCHA »

ヘッドホン」カテゴリの記事