« 2010年10月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

魔法少女リリカルなのはVivid 第23話「予選開始!」

ネタバレあります。コミックス待ちの方はスルー願います。

さて、選考試合が終わり、いよいよインターミドル地区予選開始。
スーパーノービスでの1回戦はさくっとスルーされてw、ヴィヴィオたちはあっさりエリートクラスへ。
残念ながら今回もヴィヴィオたちメインキャラの対戦描写は無し。

では、今回のお話は?というと、今回はミカヤさんがいかにすごい人かってのが描かれてました。

新しい刀の試し斬りで、廃車のバスを真っ二つにするミカヤさん。それを見たディードとオットーは「こんなの自分たちに出来るか?」とかなりビックリした様子。ディードが「光剣なら・・・」と言ってましたが、かつてJS事件で世間を震撼させたナンバーズの一員にしては、何とも弱気な発言じゃないですかねw。

なんだかVividを読んでいると、なのはやフェイト、あるいは元ナンバーズの人たちが、ずいぶん弱くなったように感じるのですが、まぁ実際はそういうわけではないのでしょうね^^;
(劇場版のなのはやフェイトを見てると、Vividのヴィヴィオやアインハルトたちとはやはりレベルが違うのだなぁと思いますしねw)

さて、次回からいよいよエリートクラスでの対戦開始。
まずはミカヤvsミウラ戦です。

ミウラの実力が未だ未知数なのですが、あまり手の内が描かれないのは、いずれぶつかるヴィヴィオとの戦いを盛り上げるためなのかなぁ・・・と思ったり。
もしそうならば、ミカヤvsミウラ戦の勝者はミウラかなぁ、などと勝手に推測してるわけですが、果たしてどうなることやら。

今回、個人的にツボにハマったコマが2つありました。1つは「ねこじゃらしでティオをじゃらすクリスw」。あともう1つは「ブルマ姿のアインハルトさん」。後者は思わず自分でも描きたくなりました。

|

2011年3月21日 (月)

明日から通常勤務

先週は計画停電や物不足による実生活への影響もあり、気分的に「今は非常時!」という感じで、仕事もあまり手に付かない状態でした。

でも、直接被災したわけではない我々が、いつまでも足元おぼつかない状態でいるわけにはいきません。会社からも「明日以降は状況に大きな変化がない限りは通常勤務」と指示されていますし、私自身も通常モードに戻るよう気を引き締めようと思います。

そして、いまだ東北で続いている大変な状況を常に頭に置いた上で、節電・募金等の自分に出来ることをやっていこうと思います。

|

2011年3月20日 (日)

リリマジ11

本日のリリマジ、私も一般参加で行こうと思ってたんですが、いろいろと悩んだ結果、今回は参加を見合わせました。

お気に入りの作家さんも参加されておられるので、ぜひ行きたかったのですけど、今回は見送りです。本は通販で入手出来るものは後で買わせていただこうと思います。

|

2011年3月13日 (日)

東北地方太平洋沖地震

国内観測史上最大、世界的に見ても4番目という超巨大地震発生により、全国に甚大な被害が発生しています。

地震発生時、私は職場で仕事してましたが、今まで経験したことのない大きな揺れに、本当に肝を冷やしました。
机の上のモニターやPCはバタバタと倒れ、本やペン立てなどの軽いものは机上から吹っ飛びました。会議ブースのつい立てが片っ端から倒れ、大型の複合コピー機・自販機などの重量物が数十cm動きました。
首都圏は震度5強だったそうですが、その数字よりもずっと大きな揺れだったように感じました(高層だったせいだと思いますが)。

首都圏の交通網は完全にマヒし、帰宅できない人が多数出ました。幸い私は深夜に動き出した私鉄・地下鉄を乗り継いで帰宅できましたが、同じ職場に帰れなくて止む無く泊まりになった人もいました。数時間歩いて帰宅した、という人も結構いたようです。

帰宅後、ニュースの映像を見て、今回の地震の凄まじさを改めて知りました。テレビから流れてくる「有り得ない映像」を見ながら、言葉も出ませんでした。

被害の無い・少ない地域は徐々に落ち着きを取り戻してきていると思いますが、被災地では今この時も懸命の救援作業が続けられていると思います。
私自身も何か出来ることはないかと思い、とりあえず節電することにしました。

まずは暖房にエアコンを使うことをやめました。幸いこの時期の首都圏の気温程度ならば、ちょっと厚着をすれば問題なく過ごせます。あとは出来るだけ不要な電気を使わないようにしようと思います。

明日からは普通に仕事に行くことになるのだろうと思います。もちろん私個人の力などゴミみたいなものですが、みんなで頑張ってこの日本という国を回していくことが、この先、長くかかるであろう復興の力となるのだ、と信じています。とりあえず今の自分の立ち位置で、出来ることを頑張ろうと思います。

本館で相互リンクさせていただいている篠岡さんの「RE:PRAY」にて、東北地方太平洋沖地震 情報サイトまとめをされているので、リンクを張らせていただきます。ご参照くださいませ。

篠岡さんのサイト 「RE:PRAY」

|

2011年3月 6日 (日)

PS AUDIO GCHA

普通の人からすれば、数万~もするヘッドホンなんて、それこそ「頭おかしい」と思われかねない代物なわけですが、そんだけのヘッドホンを鳴らすためには、やはりそれなりのものを用意する必要があるわけでして、それはさらに普通の人には受け入れがたい代物ではないかと思われます。

すみません、もって回った言い方をしましたw。

ヘッドホンを鳴らすためだけに存在する、ヘッドホンアンプというものがあります。

私も今みたいにヘッドホンにハマる前には、ヘッドホンアンプという名称こそ知っていたものの、全くその存在価値を認めていませんでした(一部の超物好きが使うイロモノだと思ってました。てか実際その通りかw)。

でも、数万もするヘッドホンの性能を発揮するためには、やはりそれなりのモノを用意する必要があるわけで(何かのインチキ商売みたいだなw。真理ではあるのですけどね)、私もウチのヘッドホンたちのためにヘッドホンアンプを購入して使ってます。

今、手元にあるのはLuxmanのP-200と、PS AUDIOのGCHAというヘッドホンアンプです。P-200はもっぱらT1で使ってて、GRADOなどはGCHAで聴いています。

多分にレビューの先入観などがありそうな気がするのですがw、両機の特徴としては、まずP-200はメリハリのはっきりしたクリアで繊細な音。一方のGCHAはちょっと輪郭のゆるいゆったりした音(良く言えば暖かい音。悪く言えばボヤけた音とも・・・)てな感じ。

GCHAはメーカーによるとアナログ的な音づくりをしているとのことなので、まさにその狙い通りの音になっているように思います。

Img_0821_2

ちなみに私の買ったGCHAは中古で、背面の電源スイッチがない前期型です。電源ON/OFFはボリュームスイッチが兼ねてて、最小まで回すと「カチッ」と音がしてLEDが消灯し、電源OFFとなります。でも、これは実はスタンバイ状態になるだけで、内部的には通電されている状態らしいです(確かに電源OFFの状態でも本体はほんのり暖かい)。機械的には通電状態の方が良いらしいので、そういう設計なのだそうですが、貧乏性の日本人には抵抗のある仕様ですよねw。まぁ、気にしないようにしてます。

GCHAについて特に不満などはないのですが、ひとつだけ気になることがあります。それはボリュームスイッチが軽いこと。GCHAはボリュームが特殊な機構で(Gain Cellとかいうやつ。なんでも出力を変更するわけではなく、入力で制御するとか何とか・・・よく知りませんがw)、そのせいなのかボリュームスイッチが滑るように回ります。一度、ろくに見ないでボリューム変えようとしたら、軽く触れただけでクルリンと回ってしまって、いきなり大音量になって魂消たことがあります。まぁ、ちゃんと見て回せってことですねw。運用でカバーできるのでこの点は特に不満とは思ってません。

|

2011年3月 5日 (土)

GRADO SR225

Img_0826

GRADOのSR225です。なぜか分かりませんが、新品がやたら値下がりしてて(円高還元?)、中古も安くなってたので、買ってみました。いつものようにフジヤエービックさんで購入です。

中古とはいえ見た目は綺麗なもの。パッドも新品になってて、全体的に使用感みたいなものは全く感じられません。ほんと新品同様。

チャンバーがプラスチック製、ヘッドバンドもビニール製ってことで、「手に取ると非常にチープな印象を受ける」という巷の噂をさんざん聞いていたのですけど、実際に届いて手にしてみると、それほど安っぽい印象はなかったですね。まぁ、でも、これが3万で買ったのであれば、確かに「安っぽい」と思うかもしれません。

ただ、手に取った瞬間、そのあまりの軽さに思わず笑ってしまいました。軽い!。とにかく軽い!。

音はしっかりGRADOしてます。抜けがよくて、弾けるような元気の良い音です。MS-2(SR325i)に比べると少し高音が粗い気もしますけど、これ単体で聴いてる分には全く不満はありません。見た目の印象とは異なり、意外なくらいの高音質です。

実を言うとこのSR225はお試しで買いました。ホントは上位機種のRS-1が欲しいのですが、RS-1は中古でも5万くらいしますし、いきなり買って後悔するのも嫌だったので、まずは音が非常によく似ていると言われているSR225を中古で買って、ひとしきり聴いてから、納得したらRS-1(あるいはMS-PRO)を買おうと思ったのです。

でも、SR225を買ったら、なんだか満足出来ちゃってw、これならRS-1は要らないかなーとか思い始めてたりしますw。

中古とはいえ、こんな良いヘッドホンが1万ちょいで買えるなら、RS-1は言うまでもなく、GS1000も立場ねーなーと思ったり思わなかったり。

Img_0824

GS1000との2ショット。

SR225がいくら良いとは言っても、 GS1000とはやっぱり違いはあります。というか、SR225とMS-2(SR325i)は明らかに同一線上にあるヘッドホンですが、GS1000はそのラインとはちょっと趣が異なる感じなのですよね。ユニットが同じに見えますしw、根本の音は同じなんでしょうけど、GS1000は巨大な木製チャンバーとパッドのせいで相当に味付けが濃くなってるように思います。具体的に言うと、包み込まれるような響きと、開放型では最強じゃないかと思えるくらい豊潤な低音が、GS1000ならではの特徴です。人によって好き嫌いはあると思いますけど、その独特の個性ゆえのあの値段かと思うと、私はSR225との値段差にも納得しちゃいますねぇ(私はGS1000大好き)。

いろいろ他メーカーのヘッドホンにも気が移ったりしますけれど、なんだかんだ言ってもやっぱり私はGRADOが一番好き。お金あれば、全ラインナップ揃えちゃいたいくらいですw。

明るくて元気がよい、弾けるようなサウンドに興味がおありの方、ぜひお試しあれ!(まずはMS-1あたりから)

|

魔法少女リリカルなのはVivid 第22話 「トップファイター」

放置にもほどがあるだろってくらい間が空いてますが、久しぶりに書きますw。

てなわけで、今月のVivid!

インターミドルが始まって、ヴィヴィオたちは順調に選考会を通過し、これからどんな戦いを見せてくれるのか!ってところなわけですがが、今号はヴィヴィオたちのライバル(というよりは大きな壁)になるであろう大会の有力選手の紹介がメインでしたね(ヴィヴィオの出番がほとんどなくてちょっとさみしかった・・・)。

個人的にはジークリンデ・エミリアの素顔が意外でした。なんだかダウナーな雰囲気のキャラだなーと勝手に思ってたんですけど、実際はおとなしくて柔らかくて可愛い感じのキャラでしたね。

しかし、まー、ちょっとキャラ増えすぎじゃないですかねw。大会なのでこれくらいの数の有力選手はいても当然ですけど、StSで抱いた不満がここでも再燃するんじゃないかと、ちょっとだけ心配です。

あと、コミックアラカルト~リリカル☆ライフ編~を買いました。ねことうふさんの漫画がすごく好きですw(なのはTypeに載ってたやつ)。ホントなごみます。教導ビデオに鞭打たれるフェイトちゃんのシーンまで入ってたのか!?というのはちょっと気になりましたがw

|

« 2010年10月 | トップページ | 2011年4月 »