« Windows7 & PhotoShop CS5 | トップページ | KOSS SPORTA PRO »

2011年5月15日 (日)

SONY SRS-ZX1

私はPCで音を鳴らすのに、今までは5.1chのAVアンプを通していました。
しかし、節電が叫ばれる昨今、「ちょっと動画を見たい」とか「PCでテレビ見たい」といっただけで、いちいちAVアンプを使っていては、でんこちゃんにしばかれそうです。

この際、コスト度外視、節電第一ということで、PCで音を鳴らす時は、アクティブスピーカーを使うことにしました。

いろいろ考えて、先ごろ購入したのがこのSONY SRS-ZX1です。

出た当初は5万近くしたスピーカーですが、あまり評価が芳しくなく、だんだん値下がりして今では新品が2万ちょっとで売られているという代物です。

そんな評価の悪いスピーカーをなぜ買ったのか?

実は最初はBOSEのM2を検討してました。でも、M2って安くても3.5万くらいはしますし、いくらコスト度外視とはいっても、無い袖は振れませんw。

そこで目をつけたのがこのSRS-ZX1でした。

Img_0850

天下のソニーが5万で出すほどコストをかけて作ったものが、半値以下に値下がりするほどの酷い評価。どんなものか逆に興味が湧くというものではないですかw
(もちろん、ソニーがその値段で「使えないほど酷い代物」を出すとは思ってないから、あえて買おうと思えるわけですが)

ちなみにこのスピーカーの評価が良くないのは、ひとえに過剰なほどの低音にあります。このスピーカーはメビウスダクトなる仕組みと、低音を増強するDSPの搭載により、大きさに似つかわしくない低音が出ることがウリなのですが、その低音があまりに強すぎて、全体の音までボンボンとぼわついてしまうのです。

自分で実際に使ってみた感想ですが、コレ確かに低音が出ます。
それも必要以上にw
こんな小さいスピーカーから、これほどの低音が出るのはビックリで、SONYの小型化技術パネぇと感嘆しました。でも・・・これはちょっと出過ぎですw
(SONYって時折こういう自己満足で自己完結な商品作りますよねぇ。それが面白いところなのだけど・・・)

私は以前使っていたBOSEの1706Ⅱ+111ADという組み合わせの音がすごく好きでした(手放してしまいましたが)。このSRS-ZX1はそれに割かし近い感じの鳴り方なので、個人的には嫌いじゃないです。というか、むしろ気に入りました。
でも、そんな私でも、このスピーカーの素の状態では、低音が過剰に思えるほどなので、これはさすがに人を選ぶだろうなぁ、とは思います。

でも、入力レベルを下げるとか、イコライザーで低音を少し落とすなどして調整すれば、何とか普通に使えるレベルになるんじゃないか、と思います。
とはいえ、そんな調整をしないと普通に聴くことも出来ないという時点で、商品として欠陥があると言わざるを得ませんし、一般的な評価が酷いものになるのも無理はないですねぇ・・・。

ちなみに私の場合、私自身は素の状態でも平気なのですが、それだと「ボンボン響いてうるさい!」と嫁に怒られるので、イコライザーで低音を落として使おうと思ってます。

さて、欠点についてばかり書いたので、良い部分についても少し。

元々安いものではないので、作りはしっかりしてて好印象です。小さい筐体ですが、金属製でズシリと重く、ボタン等も安っぽさはありません。リモコンも付いてます(目の前にスピーカーがあるので使いませんが・・・)。

小型のフルレンジ1発ということで、定位が目の前のど真ん中にびしっと決まるのもよいです。音が明確で、揺ぎ無いのがとても気持ちいいです。
音質も良いと思います。中高音がしっかり鳴っていて、(過剰な低音は別として)音質そのものはかなり高音質と言えると思います。

低音が補強されることで、極小音量時にも音痩せがなく、心地よい感じで聴けます。この点は、同じくらいのサイズの他のアクティブスピーカーとは明確に一線を画すところだと感じます。このスピーカーの真価はニアフィールドでの極小音量リスニングにある、と言えるかもしれません。

あ、そうそう。元々の目的であった省電力についてですが、SRS-ZX1の消費電力をワットチェッカーで測ったところ、普通の音量で鳴らして5W程度でした。AVアンプだと60Wくらい食ってたので、かなりの省電力になったと思います。
当初の目的は果たしたので、ひとまず結果オーライということで。

|

« Windows7 & PhotoShop CS5 | トップページ | KOSS SPORTA PRO »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事