音楽

2010年3月12日 (金)

You&Me / 田村ゆかり

昨年シングルで出た曲ですかね。iTunesストアをふらついてて、ちょっと気になったので買ってみました。

実はiTunesストアは例の「身に覚えのない請求が来る」って事件に、アップルジャパンがイマイチ誠意ある回答をしてない気がするので、しばらく使うのは止めとこうと思ってたんです。でも、まぁ別に私自身は今まで使ってて特に問題あったわけじゃないですし、先の事件だって、実際は使う側の問題だったって可能性もおおいにあり得ますからね。
だって、ネットでレンタル出来るビデオで、「無料って書いてあるのに料金請求がきた!」って消費者相談に言ってくるようなケースが何件もあるらしいですから(単に最初のお試し期間が切れただけ)。どんだけ能天気なんだか…。

ま、それはさておき。You&Me。
すこぶるノリのよいダンサブルな曲です。「恋のタイムマシン」もハマりましたが、この曲もずっぽりハマりました。リピートしまくりです。
思わず体が動くアップテンポな曲に、田村ゆかりのロリでキュートな歌声が、実に心地よいです。聴いてると元気になれます。

昔、私の友人に、「ムサい野郎の声なんて聴いてても楽しくない」と言って、女性の歌しか聴かないという奴がいました。私は「音楽ってそういうもんじゃないだろう」と、そいつを内心軽蔑してたものですが、すいません、若さゆえの過ちでした。今なら素直に同意できます。
女性の可愛い声が耳に心地良いというのは、ある意味オトコとして当然なことですよね。

|

2009年8月25日 (火)

初音ミクオーケストラ

20090825

アマゾンからの補給物資到着。ご覧の通り、ミクによるYMOのカバーアルバム。その名もHatsune Miku Orchestra。略してHMO。

原曲のイメージを損なうことなく、より軽快にアレンジされてて、とても良い感じです。ミクとテクノの相性は抜群ですね。全く違和感ありません。別にミクかどうかに関係なく、普通にYMOのカバーとして聴けるアルバムでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

恋のタイムマシン

絵を描いてる時にBGMは必須なわけですが、ここ数日で最も再生回数が多いのは(つまりハマっているのは)、田村ゆかりの「恋のタイムマシン」。
この歌をDancexMixerというソフトのPVで聴いて以来、すっかりハマっています。

PV見てるだけでは飽き足りず、CDまで買い込むハマり様。でも、その程度の出費は余裕でペイするくらい、繰り返し聴いてます。

初めてこのPVを観た時は、「動きにキレというか、躍動感というか、そういうものがないなぁ」と思ったんですが、何度が観てるうちにお気に入りになってましたw。
まぁ、何度も観るということは、最初から気に入ってたんでしょうね。

ニコ動なんかには、このソフトで作った3Dキャラのダンスムービーが、かなりの数あがってますが、それらを見てると、いかに公式のPVのダンスがよく出来てるのかが分かります。滑らかに、リズム感ばっちりで躍らせるのは、相当難しんだろうなぁ。

というわけで、今日も「恋のタイムマシン」をハードリピートしながら、原稿を進めております。何とか予定のタイムスケジュールに追いつけそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

SHORT CIRCUIT II / I've

今日はえらく蒸し暑い1日でした。さすがにヘッドホンで音楽聴くのが厳しいです。特に耳をすっぽり覆うようなタイプは辛いですねぇ。だもんで、今日は耳乗せタイプのMS-2をずっと使ってました。

さて、今日は先ごろ中古で入手したCDのご紹介。
I'veの電波ソングばかりを集めた2007年発売のアルバム、「SHORT CIRCUIT II」です。

どの曲もノリよく、明るく、楽しく、聴いてて元気になるアルバムです。
実は私はI'veのアルバム(GIRLS COMPILATIONシリーズ)を何枚か買ってるんですが、正直言ってどれも「なんか違うなぁ」と思ってました。でも、このSHORT CIRCUITシリーズを買って、「これだ!!」とハタと膝を打ちました。そう、私が求めていたI'veのサウンドって、これだったんですw。
というわけで、この「SHORT CIRCUIT II」、ここ数日で最もヘビーローテしてるCDになってます。

もちろん、こういうの嫌いな人も少なくないんでしょうけど、私は大好き。
ええ、後ろ指さしていただいて構いませんよw。好きなものは好きなんだから仕方ないです。Princess Brideとか、きゅるるんKissでジャンポ♪♪とかたまらなく好きです。

会社の昼休みに、さもクラシックでも聴いてそうな顔をしながら、私はこのCDをiPodで聴いてたりします。
バレたらシャレにならない危険と隣り合わせのスリリングさ、ある種の背徳の快感に浸るそんなひと時。不毛な日々の仕事の中でも、ささやかな楽しみの時間となっています。

それはさておき、このCD。私にとっては、ほとんどハズレ曲がないという素晴らしい内容です。以下、収録曲のご紹介。どれも好きですが、とりわけ気に入った曲に★つけました。私の好みの傾向が明確にお分かりいただけるかとw。

1.★ねぇ、・・・しようよっ! / KOTOKO
2.↑青春ロケット↑ / KOTOKO to 詩月かおり
3.★Princess Bride / KOTOKO
4.ナイショ☆Naiしょ / 詩月かおり
5.新しい恋のかたち -SHORT CIRCUIT II EDIT- / KOTOKO
6.★Mighty Heart ~ある日のケンカ、いつもの恋心~ / KOTOKO
7.はじめまして、恋。 / KOTOKO
8.乙女心+√ネコミミ=∞ / KOTOKO & 島宮えい子
9.★きゅるるんkissでジャンボ♪♪ / KOTOKO
10.アナタだけのAngel☆ / 詩月かおり
11.Princess Brave! / KOTOKO
12.I'm home / 詩月かおり
13.★めぃぷるシロップ / KOTOKO
14.Double HarmoniZe Shock!! / KOTOKO to 詩月かおり

ホント、聴いてて元気になる曲ばかりです。3曲目のPrincess Brideは、弾むようなリズムに、思わず身体が動きますし、9曲目のきゅるるんKissでジャンボ♪♪と、13曲目のめぃぷるシロップは、能天気でぶっ飛んだ歌詞が、言葉に尽くせないほど楽しいです。

手持ちのヘッドホンでは、GS1000で聴くのが最もいい感じに思いました。元々の曲調をさらにパワーアップしてくれて、底抜けに明るい感じになって最高です。ただ、曲によっては高音がちょっと耳に痛い場合があるかも。
MS-2も悪くありません。思わず身体が動くノリの良さが絶品です。でも、GS1000以上に高音が耳につくため、多少聴き疲れします。2周、3周はさすがにつらいかな・・・。

このCDに収録されている曲は、別に電波ソングなどという、一般人が腰引けそうな特殊ジャンルとして捉えなくても、明るくて楽しくて可愛い歌が好きな人なら、十分普通にアリだと思いますよ。どうです?アナタもおひとつ。聴けば元気になれますよw。

ちなみに私がこのCDで一番好きなのはPrincess Bride。こんな曲です。にゃお~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

夢路 / Suara

せっかくSACDプレーヤー買って、SACDソフトが1枚もないのでは寂しいので、とりあえず買ってみました。
Suara嬢のセカンドアルバム「夢路」(夢想歌を聴きたかったので)。

透明感を感じる、とても綺麗な音です。不自然に強調された部分もなく、音が自然にすーっと耳に入ってきます。
Suara嬢の歌声が穏やかな曲調に非常によく合っていて、聴いていて心地よいです。
彼女の声は・・・なんというのだろう・・・すごく・・・和風な感じがするんですよね。
って、ワケわかりませんねw。妙な感想ですいません(;´▽`A``

以下、収録曲。★印は個人的に特に気に入った曲です。

 1.★君だけの旅路
 2.永久に
 3.アオイロの空
 4.★He is here ~私の神様~
 5.君のかわり
 6.★夢想歌
 7.brand new days
 8.時の河
 9.lesson
10.あなたの笑顔
11.旅立つ人へ
12.★キミガタメ
13.★MOON PHASE

4曲目「He is here」は空気みたいに軽くて、ふんわりした感じが好き。6曲目「夢想歌」はご存じ「うたわれるもの」のOPテーマですね。
正直、それほど強く印象に残る曲はないのですけど、聴き易さ・心地よさに惹かれて、時折強烈に聴きたくなるCDです。

このアルバムはハイブリッド盤ではないので、SACDとCDの違いを確認することが出来ないのが残念。
まぁ、違いなんて絶対に分からないでしょうけどw。

ちなみに私は「SACDだから音がいい」なんて無条件に信じているわけではありません。
そもそも20KHz以上の音は人間には聴こえませんし(私には15KHzくらいが限界らしい)、そこにある「人類の聴覚を超えた音」が、「聴こえなくても音楽の空気感に影響する」などというのは、もはやある種のオカルト話だと思ってます。

だから、SACDがCDよりも音質が優れている、というのも無いと思います。
でも、SACDとして出すということで、録音の品質にも気を配るようになり、結果的に音質がよいものが出来る、というのはあると思います。現時点でのSACDのメリットってそういうところかなと・・・。あまり夢のない話ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)